まるのブログ

FX、哲学、思想 

類は友を呼ぶエネルギー

 

こんにちわ。まるです。 いつもブログを読んでくださりありがとうございます。 心から感謝します(^人^)♪

今日のテーマは、『類は友を呼ぶエネルギー』です。

ããããªã¼ç´ æãç¦ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 法則を理解する

法則とは私達が思っている強力です。

万有引力の法則は何千年前から機能していますよね。

生活していて物が、手から離れれば下に落ちるのはもはや当たり前のレベルの話です。

 

これくらい当たり前に、私たちの宇宙には引き寄せの法則が働いています。

 

これらは法律ではないので時代、国、民族が変わってもずっと働き続けます。

 

つまり例外が無いんです。

 

私達は、実態より精神論を過大評価してしまう癖があります。

努力すれば、だとか、気合、根性でなどです。

 

そのため、法則の方を過小評価してしまいます。

 

例外はないのに自分だけは気合根性で乗り越えれる感覚に陥ってしまいます。

自分が気合入れたから物が下に落ちないと=ですからね。

 

 

ポジティブ、ネガティブの世間のイメージは完全に誤解で、

ポジティブが良い、ネガティブが悪いじゃないんですよ。

 

ポジティブとは統合1つにする意味で、

ネガティブは分割する意味なんです。

 

男性と女性どっちがいい?という質問と同じで

男性だけだと生命は誕生しませんし、女性だけでも生命は生まれません。

1つでは人類は滅びるのです。

男性女性の両性があって人間は繁栄していくのです。

ポジティブ、ネガティブも同じで両者が統合されてプラスマイナス0になって初めて奇跡が起こるんです。

 

 例えばネガティブ30の人がいたらネガティブ30の人を引き寄せるわけではないんですね。

 

ネガティブ50の人の場合だってあるわけです。本質は同じネガティブで、

みんなでがやがやするよりも1人が好きなんですよ。

 

ですが、この二人が人間関係を築いた場合、ネガティブ30の人が相対的にポジティブに変わるんです。ネガティブ50の人は今まで通りです。

 

30より50のほうがもっとネガティブなのでこのようなことが起きて、類友の法則が働いていないように感じますが、 例外はありません。

 

ネガティブの人にはネガティブの人が集まる、ポジティブの人にはポジティブの人が集まることをはじめに理解しておいてください。

 

今、幸せを感じて生きている人はそのままで素敵に生きていけると思いますが、

現状の不満、何とか人生を変えたいなら方法は2つしかありません。

 

1つは自分のエネルギーの方向をとことん極めてしまうという方法です。

仮にネガティブ50だとしましょう。ネガティブ100ではなくて、

ネガティブ1000まで振り切るという事です。

 

徹底的に内に引きこもって、研究や試作をして、ネガティブを極めたからこそ何かを生み出すと、人生は変わるんです。

 

ドイツの哲学者、カントはその代表例で、この方は一生ドイツから出る事なく、

1分1秒、研究、試作、考える これの繰り返しを何十年したそうです。

 

カントがどれだけ正確な人かというと、カントが散歩を始めたら周囲の人は時計を見たそうです。

 

つまり、自分の時計は狂うけれどカントの散歩の時間は狂わないとされたそうです。

そのためカントの散歩で自分の時計のほうを調整したのです。

 

それぐらいカントは徹底しておなじ生活を何十年と暮らしたのです。

 

彼はネガティブを極めて歴史に名を遺す哲学界の巨人になったわけです。

 

もう一つは頑張って自分のエネルギーを変えるです。

 

 

ネガティブな人はポジティブをかなり意識してエネルギーを中立にもっていく。

ネガティブな人がポジティブにもっていく必要はありません。

 

冒頭で言いましたけどポジティブだからいいわけじゃないんですよ。

 

これは20世紀にアメリカが最強で、アメリカンドリームとされ、

夢を掴みにメキシコなどから人が集まり、その時アメリカがポジティブとされて、

 

日本もアメリカの真似をしてこんなイメージになったのです。

 

地味にコツコツするのはネガティブエネルギーでとても大切です。

ポジティブだったら夢ばかり見て地に足が着いていないといいますか、浮ついた感じだけで人生は変わらないパターンになりがちです。

 

だから、ネガティブの人が人生を変えたいならかなりポジティブを意識して、

中立に待っていく必要があります。決してポジティブになる必要はないのです。

 

しかし、中立でも相当な努力が必要になります。

 

内にこもり1人が好きなのがネガティブの特徴なのでかなり意識しないと外にでません。

 

大変ですが、これを極めると、

 

中立な人はポジティブな人、ネガティブな人両方と仲良くなれるし、

 

好き嫌いがなく、意見が偏らないので、視野も広がるし、出会いも増えチャンスが増えるとも考えられ、1番幸福になりやすいです。

 

おすすめは後者です。

 

前者の方が振り切らないといけないのでしんどいと思うんです。

 

自分が、ネガティブかポジティブかは、

 

一人の時間が好きか、みんなでワイワイガヤガヤが好きかでわかります。

 

時と場合による人は比率の多いほうがメインです。

普段はどうなのかということですね。

 

他人、環境を変える思考ではなくて、本当に大切な事は自分が変わっていくことです。

 

そもそも、他人は変えれませんし、環境を変えてもネガティブな人にはネガティブな人がまた集まり、根本原因が変わらず表面だけで人生が変わらないと苦しむのです。

 

あなたがネガティブで周りの不平不満を言うという事は、類友の法則で

関わる人も必ずネガティブなので、

 

自分の不平不満を言っているのと変わらない事に

気づいてください。

 

他人の中に自分と同じものを見出せると、人間関係は素晴らしくなっていきます。

 

出会う人を変えて人生を変えたいなら意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

今日はここまでです。

 

何か新しい気づき発見がありましたら下記のブログランキングの応援で大変励みになります。

 

どうも、まるでした。

それではまた。

 

 

 

 

<aブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村