まるのブログ

FX、哲学、思想 

引き寄せの法則の正しい理解


こんにちわ。まるです。 いつもブログを読んでくださりありがとうございます。 心から感謝します(^人^)♪

今日のテーマは、『引き寄せの法則の正しい理解』です。

ãæ¥æ¬ãç¾ãã ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

法則の流れを理解する

今日は引き寄せの法則を細かく分解して1つ1つ理解を深めていきましょう。

 

 

引き寄せの法則って怪しいオカルトチック、宗教?など、マイナスのイメージを持たれている方がいるかもしれませんので、少し説明させて下さい。

 

 

私は、実家には仏壇があって、原始仏教を独学で勉強して、自分の心の為に

線香を経てたりする習慣があるので、無宗教ではないのかもしれません。

 

ただし、日本の仏教は好きではないので、釈迦派仏教とさせて頂きます。

 

 

日本人なら、ほとんどの方が仏教をしっていると思いますのですんなりと理解できる

お話だと思いますので、警戒を解いて読み進めてほしいです。

 

いかに自然な法則であるのか

思考(イメージ、想像)※理屈、論理ではない

⇓              ⇓

感情(人は感情で動く)

行動

結果(現実化)

 

 

子供を、理屈や論理で説得できないように当たり前の話をします。

 

 

この世の中が、理屈や論理でどうにかなるのだとしたら、

大学教授や、評論家が一番成功しているはずなんですよ。

現実は違いますよね?

 

だとするなら、大人も、理屈論理で動かない事になります。

 

つまり、人間は理屈論理では動かない。

 

 

その前提で、思考を生み出す元は何かというとそれは『信念(信じている価値観)』

なんです。

 

そしてこの、『信念(信じている価値観)』を作っているのが

『記憶』

 

私は信じているものが無いといわれる方がいるかもしれませんが、

記憶がある以上必ず無意識に何かの影響を受けています。

 

まず、仏教の影響を考えましょう。

 

お盆にお墓参り行きませんか?

 

食事の前に「いただきます」といいませんか?

 

数珠、礼服はもっていませんか?

 

他の宗教の方はそれが信念です。

 

もしくは、道徳≒儒教の影響

 

目上の人は偉いだとか、

先生は答えを知っていて立派だとか、

 

何の違和感もないかもしれませんがこれは平等ではないわけです。

 

年配者が偉いという事は、年少者は偉くないという事になるので、

これは差別の論理なんです。

 

 

道徳、儒教が良い悪いではなく、確実に影響を受けているんです。

 

他には、常識の影響

 

みんなと同じなら正しいなどの日本人古来の考えた方。

日本は村社会なので人の輪を大事にしようという常識があります。

 

つまり みんな を価値基準にしている人が多い。

 

 

自分が何か主張しても、みんなの同意を得られなかったら、

自分は間違っているという考え方です。

 

 

ただ、常識というのは、たった一人の行動でいとも簡単に崩れるんです。

 

コロンブスがヨーロッパからアメリカに横断した事や、

コペルニクスの地動説、

 

いずれも今まで信じられていた常識をたった一人に簡単に覆されました。

 

みんなが主張していることが正しさの証明にはならないんですが、

日本人は特にみんなの意見を重視してしまいます。

 

 

 

つまり、記憶がある以上これらのどれかが無意識でも、あなたの親、学校の先生、友達を経て、過去の記憶となり、信念になるのです。

 

 

そしてその信念が、あなたの想像を作ります。

 

 

 

そこからエスカレーターのように、

感情➡行動➡結果となり、

この一連の流れの事を、引き寄せの法則というのです。

 

 

 

信念に今回説明した『常識』を当てはめて解説します。

 

記憶

信念(常識を入力。皆が正しければ正しい皆が間違いと言えば間違っている)

思考(常識の想像、イメージ)

⇓              

感情(常識的にyesならやってみたい)

行動(常識的な行動)

結果(常識の範囲内の結果)

 

 

これでわかる通り、夢は叶わないんですね。

 

なぜなら、夢は常識外だからです。

 

今まで10年間、年収400万の人が1000万円になりたい時は、

何かを変わらないと無理なんです。

 

今までと同じことを想像して、今までと同じ感情の引き出しを開けて、今までの同じ行動をとれば、結果ももちろん同じです。当たり前ですよね。

 

信念に道徳≒儒教を入力すると、出過ぎた釘は打たれると思考してしまったりして

結果、あまり目立たない打たれないくらいの結果を出すわけです。

 

 

夢を叶えるには現状の延長にはありませんので結果を変えるには、

記憶か、信念のどちらか変えるしか方法はありません。

 

しかし、

記憶を変えることは科学的にはできますが、一般的ではないですよね。

 

つまり、現実的なのは信念になります。

そうです、信念を上書き保存するのです。

 

何を上書き保存するのかというと、

例としては、

喜び

幸福

嬉しい

楽しい

自由

笑い

清々しい

誇らしい

充実

 

などです。

 

 

喜べそうならやる、喜べなさそうなら高いお金でもやらない。

充実しそうならやる、充実しなさそうならやらない。

 

こんな風にあなたのなりたい理想の人はどうなのかよく考えて

新しく上書き保存してください。

 

そうすると、夢は叶えやすくなることでしょう。

 

応援しています。

 

今日はここまでです。

 

何か新しい気づき発見がありましたら下記のブログランキングの応援で大変励みになります。

 

どうも、まるでした。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村