まるのブログ

FX、哲学、思想 

本気で生きる

こんにちわ。まるです。 いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

心から感謝します(^人^)♪

今日のテーマは、『本気で生きる』です。

ãæ¥æ¬ ç¾ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

一生懸命で本気な人生

私は、FX以外に、言葉を使ってブログでも仕事してるわけですが、

 

この言葉が

とても難しいです。

 

適切で真意に近いモノを選んでお伝えするのですが、

どうしても矛盾を含んだりして万能ではないんですね。

 

また、読んだ人の過去の経験や知識で解釈するので、

伝えたい真意がしっかり伝わらないのが現状です。

 

なるべく、誤解のないように注意していますが、

もどかしいものがあります。

 

具体的な話をすると、自由好きなことで生きる頑張らない

これらをよく書いたりしますが、

 

とても危険な言葉で簡単に誤解を生んで間違ったまま受け入れやすいのです。

 

自由好きなことで生きる頑張らない これらを全て正しく伝えるならば

本気で生きる』です。

 

 

本気で生きるから自由で、

本気で生きるから好きなことで生きれて

本気で生きるから頑張らないんです。

 

 

自由の言葉を変えたら責任といえます。

 

会社にお勤めしていて、私が部下で、上司に、

『まる君、この仕事を◙月◙日◙時までにこのマニュアルの通りに仕上げてください』と

言われたら、まず私には自由が無いわけです。

 

期日も守り、疑問もなくマニュアル通りに仕上げて、

 

仮に、良い成果が出なかったとします。

 

そもそも納期が違っていた、更新したはずのマニュアルではなかった等です。

これは、上司に責任があります。

 

 

つまり、自由ではないけれど責任はないんです。

 

自分に役職が着いたりすれば誰でもできる雑務は減り、

給料も上がるので、

余計に気をはって注意していないと責任は問われます。

 

役職など、上に昇格するほど、会社の流れを把握できるようになって

部下よりは自由度も上がりますので責任も付いてくるわけです。

 

自由って重いんです。

 

自由に生きるんだけど責任は取りません。

うまくいかなかったのは、

時代、国、会社が悪いからだ!という人がいますが、

 

これは自由ではなくて、ただのわがままです。

 

 

次に

好きなことで生きる 

 

ある子供が、算数90点 社会20点だとすると、

社会を頑張りましょうと言うのが一般的な教育です。

 

でも、これは将来苦労する可能性が高いのです。

 

全てを平均点にしようとみんな教わるので、

変えが利く人間になってしまうということ。

 

算数が得意なら、120点、200点、むしろ先生より

詳しくなるように教える、

 

その子がその時点で好きなことを伸ばす方が、

今の時代、合っているんです。

 

人間は 必ず、得意不得意があります。

 

好きなことで生きるとは、得意なことを見つけて人から喜ばれ、

プロとしてお金を頂けるレベルまで才能を磨いていく事なんです。

 

簡単に言えば一生かけてやること。

 

才能というダイヤモンドの原石をピカピカになるまで磨き続けるのです。

 

磨くとは数をこなす事、

 

そしてその延長に、

 

初めて人から

「それならお金を払ってもいいです」と言われる。

 

そのレベルまで自分を高めていくのです。

 

好きなことで生きるとは 1か月、1年、5年で

コロコロ変える事ではないという注意が必要です。

 

10年以上、一生かけてプロになる事が好きなことで生きる事。

 

 

ダイヤモンドの原石を見つけ方は、前回の記事でお話しました。

 

そう。体験の数でしたね。

 

 

最後に、頑張らない

 

さっきの、社会の苦手な子の話で、その子にとっては

10分も勉強したくないんです。

 

なぜなら頑張らないといけないから無理やりなわけです。

 

つまり、社会を10分も頑張らないといけないとなるのです。

 

でも算数は大好きだから2時間勉強しても楽しかったんです。

 

どっちのほうが努力していますか?となれば算数ですよね。

 

本人は頑張ってる気がないのです。

なぜなら好きなことだから。

 

だから、頑張ってるなーと思う事は、

イヤなことを無理やりできるようになろうとしている事になるのです。

 

これを頑張らないと言っているのです。

 

本当に好きなことなら1日12時間以上働いても普通です。

 

私の友人には、

寝る風呂以外は、自分のお店にずっと居て試作研究する人もいます。

 

 

はたから見ると めちゃくちゃ努力して凄いとみえる

本人は、頑張っていない感じ?普通な感じがするんです。

 

楽しいから

 

それだけです。

 

 

別に、 勉強の分野でなくても、スポーツ、芸術、料理、音楽、作家、研究、士業、

なんでもいいんです。

 

2つの矛盾を理解する

 

 

夢が大きければ大きいほど人に笑われますがそれでいいんですよ。

あなたが今生きている以上、何十年間の過去、常識は過ぎ去ったもので

今にはまったく関係ありません。

 

相手におしつけているわけではないので、自分が生きてる間に

こうゆう人間になりたいわけですから他人はどうでもいいんです。

 

ただ、夢は大きくてもいいんですが、1日1日大きなことを狙っていくのは違います。

このギャップを耐える事が鍵です。

 

1日は足るに足りない地味なんです。

 

今日やることがあるのなら、どれほど夢に関係のない事に思えても

一生懸命にやる事が大切です。

 

自分にとって100点でいいのです。

 

それが他人に不足と言われるのであれば、単に自分がまだ未熟なだけであって、

態度姿勢は精一杯100%でやりました。ということをやるのです。

 

どうして、夢に関係ない事も一生懸命やらないといけないのかというと、

 

こんなことしてても無絶対夢は叶わない!だから一生懸命やっても無駄だ!

 

そう思うか、

 

こんなちっぽけな環境では力が出せない、自分はもっとすごい人間だ、

もっと大きい環境なら頑張れるのにと手を抜く

 

この2つがおきて諦めてしまいまうからです。

 

でも、絶対に夢と今の2つは必要なんです。

 

私達は、夢と、目の前の現実しか見ることができないから。

 

途中過程は見れないんです。 

 

だから、

本気で生きる事(今)が、

自由好きなことで生きる頑張らない

つまり夢になっていくのです。

 

今日はここまでです。

 

何か新しい気づき発見がありましたら下記のブログランキングの応援で大変励みになります。

 

どうも、まるでした。

それではまた。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村