まるのブログ

FX、哲学、思想 

エリオット波動

どうも、まるです。

今日はダウ理論の次エリオット波動の解説をします。

 

ダウ理論はトレンドの把握、エリオット波動は波動のルールになります。

 

ダウ理論はアップトレンドの場合、高値安値を切り上げるとトレンド継続でした。

 

エリオット波動は上昇5派で終わるのです。

f:id:s-ma7777:20180913102906p:plain

相場は、

『推進→調整→推進→調整→推進』と繰り返して出来上がります。

 

これを理論だてたのがエリオット波動です。

 

ただこれ、人によって見方が違ってくるのと、覚えること多いので、

ダウ理論に活かせる部分だけ解説します。

 

全体像や、各波の特徴などの勉強は各自、ネットや本で勉強してください。

 

最初はまず

推進派、調整派は覚えましょう。

 

トレンドフォローは推進だけでエントリーしましょう。

しかも3派目と5派目だけです。

 

ですが、1番意識するのは3派です。5派は伸びない事があるからです。

3派は5個の波の中で1番伸びるのです。1派は取るのが難しいので私は基本、捨てています。日足などの強いラインがある場合はネックライン抜けで噂の段階でやりますが。

 

次にフラクタル構造のはなしになるのですが、

f:id:s-ma7777:20180913112208p:plain

 

波の中にまた波があるという事です。

緑が日足としたら赤が1時間更に赤の中に5分の波があります。

 

これはチャートを見まくってならるしかありません。

 

これができないと、勝つのは難しいです。

f:id:s-ma7777:20180913113434p:plain

右側を足しました。

3派3派3派の最強の場面です。

 

このように上位足と照らし合わせてエントリーしていくのです。

 

トレンドフォローは推進だけでエントリーしましょう

と前半で書きましたが、

上位足が調整派の場合は可能です。エントリー足ではダウントレンドなので、その中の、3派を意識しましょう。

 

今日はここまでです。

 

何か新しい気づき発見がありましたら下記のブログランキングの応援で大変励みになります。

 

どうも、まるでした。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村