まるのブログ

明日も生きたいと思える価値を自身の中からデザイン

禁酒禁煙の勧め

お久しぶりです。

 

久々のブログになるのですが書きたいことしか書かないつもりでこのブログを始めたつもりでしたが、楽しくないから続かない。だから少し違ったのかなーと思いました。

 

で、思う事があれば頭の整理と誰かの役に立てばいいなーってテンションで書こうと思います。

 

禁酒禁煙ってハッキリ言って難しいイメージですよね。

 

結論から言うと、難しい、辛いと思ってたら難しいし、辛いものになるんです。

 

ここをどのように伝えていいのか悩みますが、

 

感覚的には禁酒禁煙を目的にするのではなく手段にすぎないときちんと理解する事です。

 

その先です。

 

例えば空いた時間で英語を勉強したいだとか、なんでもいいんですけど、

 

時間が本当に大事なんですよ。

 

僕は30代前半というかなり早い段階でそれをふに落とせたのでとても幸せだと思っています。

 

意識を未来の目的に向けたままで禁酒禁煙すると、僕は楽勝でした。

 

テクニックがいくつか必要で、タイミングと、未来になりたいイメージ力です。

 

あと、いつでも飲んでもいいし吸ってもいいよっていうテンションでやっていました。

 

この感覚を説明しにくいんですが自分を騙しているわけでもないし本音でもないという、感覚です。

 

つまりなりたい目的ありきなので、いらないやって、感じです。

 

僕は自由になりたいので禁煙もしたいし酒の時間は無駄かなと思っています。

 

しかし、タバコは吸いませんが、

年に何回かは飲むと思います。

 

この感覚で完璧を求めないとりあえずやめる やってみる。

 

やってみる事が大切で、未来は今の連続でしかありません。

 

酒飲んでトラブルに巻き込まれるのも その場にいるからですよね。

 

因果応報です。

原因があって結果がおこるわけなので

こちらからそうなりたくない事をさけるのです。

 

 

僕はこのシンプルな事をかなり簡単に考えてきました。

 

しかし、これは物凄く的を得ているしとても深いです。

 

 

なんといいますか、飲んでてもいいし吸っててもいいんですよ。

 

やめたいと思う人はお金か周りに迷惑をかけるか、なにかあるはずです。

 

 

やめたいと思う気持ちを大切にしてほしいと伝えたいし戦わないでほしいのです。戦うのじゃなくて無視する感覚に近いです。