損切リスト

孫まで継がれる本物の相場技術

FXのシンプルルール『今』を理解する

painting of man

 

相場は難しいと多くの人は思っています。

 

まず、一貫性が無い事が理由です。

 

この一貫性についてはよくネットでも見かけると思いますが、軽視する場所でもあります。

 

理由としては、手法に重点を置いて上がるか下がるかを当てに行こうとしているからでしょう。

 

オシレーターが買われすぎで反発したから毎回買っている。

これは一貫性とはいいません。

 

どこでどの理由で反発したのか説明できないとオシレーターの意味がありません。

 

そして反発した場所で売る人がいるのか?

 

 

 

勝っているトレーダーは未来がわかると思っている人がいるかもしれませんが、

 

 

『今』どうなのかを正しく見れていれているだけなのです。

 

そして買いなら低いところで買うだけです。

 

インジの数値をたくさんいじって、あれこれあわせて未来を予測しようとしている人がいますが、この方向性だと物凄い遠回りすることになります。

 

聖杯を探す意識と、今を見る意識は真逆と言えるからです。

 

 

どうやって意思決定しているんだろうと思いますし、とても難しい事をしているなーと。

 

大切な意識の方向の事を伝えても、私の言っていることが重要な事だと認識できないので軽視するのが普通です。

 

これは仕方がないです。

 

 

ただ、いつか気づけるきっかけになるようにヒントをお伝えしたいです。

 

シンプル

 

これだけです。

 

 

 

『今』を知るのに、ローソク足とラインだけで確認できます。

 

買いなら上のラインを超えて支えられたか、売りなら下のラインを超えて抑えられたか

本当にこれだけなのです。

 

ここに買いや売りが溜まるのです。

 

支えられた?抑えられた?って方は、4時間足にでラインを引く練習をしてください。

 

 

f:id:s-ma7777:20190319142737p:plain

 

 

 買いなら上のラインを超えて支えられたか、売りなら下のラインを超えて抑えられたか

 

もう一度この言葉と、画像を見て下さい。何か見えませんか?

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村