損切リスト

孫まで継がれる本物の相場技術

fxでテクニカル分析は意味ないという人はサーファーになれない。

person typing on MacBook Pro on brown wooden table during daytime photo

 

テクニカル分析をなぜしているのでしょうか?

 

他の参加者の心理を知るためにテクニカル分析をします。

 

しかし、この質問に答えられない人は、全体をきちんとみないで手法のエントリータイミングの為になんとなく利用しているような気がします。

 

ライン1つとっても表面だけの知識だと、超えたからエントリーした。しかしすぐ戻ってきて損切りに掛かかった。悔しいけどその後伸びた。

 

ダブルトップでネックライン超え まさに教科書通りのエントリーなのに逆行して損切りにあった。

 

だからオシレーターを足して精度を上げようと思った。

 

このような人にはテクニカルは必要ないと言う人がいます。

 

少し言い方がきついです(;^ω^)

 

私は、少しでも思い当たる人に、使い方考え方が全く違うので訂正してほしいです。

 

その場所に、どれだけの注文が溜まっているか、節目を理解していけば解決できます。

f:id:s-ma7777:20190320094716p:plain


節目をどれだけ意識できるかで投資家の心理がわかりその時に最善はなにか3つくらいシナリオを立てるのです。

 

絶対下げる、この価格で跳ね返る等、勝ちトレーダーは絶対主観でトレードしません。

 

現状を客観的に見て波に乗るだけです。勝てるトレーダーはサーファーです。

日焼け、四駆乗りの雰囲気だけの丘サーファーでは残念ですが勝てません。

 

そしてどの波にのるのか、大きい小さいを意識してください。

 

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村